忍者ブログ
競馬予想 無料 1月 東京競馬場開催 東京新聞杯についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
東京新聞
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 東京新聞杯 歴史


  • 1951年 - 東京競馬場の芝2400mの5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走、東京杯として創設。
  • 1955年 - 負担重量を別定に変更。
  • 1959年 - 尾形藤吉が調教師として史上初の3連覇。
  • 1960年
    • 前年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。
    • 負担重量をハンデキャップに戻す。
  • 1965年 - 中山競馬場の芝2400mで代替開催。
  • 1966年 - 名称を現在の「東京新聞杯」に変更。
  • 1968年 - 東京競馬場の改修工事により中山競馬場の芝2200mで施行。
  • 1969年
    • 負担重量を別定に戻す。
    • 積雪の影響で施行距離をダート2100mに変更。
  • 1970年 - 積雪の影響で施行距離をダート2100mに変更。
  • 1971年 - 施行距離を芝2000mに変更。
  • 1972年 - 流行性のインフルエンザにより中山競馬場の芝2000mで順延開催。
  • 1976年 - 大崎昭一が騎手として史上初の連覇。
  • 1979年 - 中山競馬場の芝2000mで施行。
  • 1984年
    • グレード制施行によりGIIIに格付け。
    • 施行距離を現在の芝1600mに変更。
  • 1994年 - 混合競走に指定。
  • 1995年 - 積雪の影響でグレード外のダート1600mで施行。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
  • 2003年 - 東京競馬場の改修工事により、中山競馬場の芝外回り1600mで施行。
  • 2004年 - 藤沢和雄が調教師として史上2人目の連覇。
  • 2005年 - 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大






タグ:競馬予想 無料 ゲーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]